結び方いろいろ・・・

ホーム   |   豆知識   |   サイズ   |   基本の結び方   |   ふろしきバック   |   ポップなデザイン   |   語源
丹後ちりめん   |   リサイクル素材   |   多彩なデザイン   |   風呂敷二枚を使ったリュック   |   ティッシュケースを包むふろしき   |  
「平包み」   |   幅が広がり続ける風呂敷   |   アーティスティック   |   知識が深まる風呂敷検定   |   エコラッピングとしての風呂敷   |   サイトマップ   |  

風呂敷が持つ魅力

品良くエコなラッピングをしたいなら

  

日本で古くからものを包む際に使用されてきた風呂敷は、
贈答品を持参する際にも用いられています。現代ではお中元やお歳暮、
慶弔の贈答品は宅配便にて届ける方法が主流となっていますが、
かつては直接届け先まで持参するのが礼儀とされていました。

また品物を持ち運ぶ際には風呂敷で包み、保護しています。
そして渡す際に結びを解いて、中の品物だけを渡していたのです。

大切な物を風呂敷で包む

しかし直接贈り先まで品物を持参することが少なくなった現代では、
この正方形に近い布はラッピングの1種と考えて使われることも増えています。

色合いが美しく絵柄のデザインにも様々な物があるこの包装用の布は、
それ自体が魅力的なアイテムです。大切な人への贈り物を大切に保護しつつ、
上品に包むことができます。

一般的な紙の贈答用ラッピングとは一味違ったギフト向けの演出をすることが
できるという点も、このラッピング方法の魅力の1つとなっています。

さらに環境問題に注目が集まる近年では、資源を無駄にせず
再利用することのできる風呂敷は、エコラッピングとしても評価されています。

無駄に捨てられてしまうゴミの排出量を減らすことに繋がり、
環境負荷を軽減させられる環境に優しい包装です。

風呂敷で結婚祝いのプレゼント包装のランクを上げよう

大切な人へ結婚祝いのプレゼントを贈る時には、ラッピングにもこだわってみるのもお勧めです。
結婚のお祝いは一般的に多くの人から受け取るケースも少なくないため、
通常のラッピングではせっかく選んだギフトが目立たなくなることも考えられます。

また特別なお祝いの機会に贈り物をするなら、気持ちが伝わるような品物を用意したいものです。
そのようなときには、風呂敷を用いて結婚のお祝いギフトをラッピングしてみてはいかがでしょうか。

風呂敷の包み方というと、贈答品を持ち運ぶときに用いられる
シンプルなものをイメージする人が多いかも知れません。

しかし実際には様々な種類の包み方があり、中にはお祝いごとにも相応しい
豪華な見た目になるものもあります。

ギフトラッピングに最適な風呂敷

箱型のものなら斜めに結ばれたリボンが印象的な包み方や、中央の結び目が
花のように見える華やかなものも良いかも知れません。

色合いの美しいものや、デザインがお洒落なものを使用するのがおすすめです。
1枚で包む方法もよいですが2枚の布を使用して包む方法もあり、
それぞれ色を変えると印象的な包み方になります。

このような方法でお祝いの品を包めば、ギフトのランクも上がります。